マスク

マスク

いろいろなマスクについて書いています。 風邪用、予防用、おしゃれ用など 最近ではお洒落にまで使われるようになってますよ

エボラ マスク

従業員20人足らずの愛知・豊橋市の中小企業が、世界中の注目を集めている。

なぜ?それはエボラ出血熱を99%殺菌できるというマスクを開発したためだ。

開発したのは、フィルター製造のくればぁという会社

もともとPM2.5対策、花粉症対策などでマスクを作っていたがエボラ対策でも脚光を浴びている。

主に医療に従事する医者が買っているそうだ。

もうじき日本にエボラウイルス上陸するかもしれません。

地震対策と同じで早めにマスクを購入しておいたほうがいいです。

流行したら会社休める方はいらないとおもうので、買わないでください。

ほんとに必要な人に行き届かなくなります。

値段はなんと1枚8980円から。高い!!!!!!

むしろ洗えば100回ぐらい使えるそうなので、

他の会社の市販の高いマスクと値段はあまり変わりないかもしれません。

ネットと電話注文のみの販売、飛ぶように売れていてマスクを店頭に置けないそうです。

冬になると風邪はやります、悲しいですがインフルエンザも本番の季節です。

備えあれば憂いなし、自分の命、家族の命は自分で守りましょう。

決して大げさな話ではありませんよ。

 

黒マスク

上記では、エボラなどの病気予防や病気のときにマスクをつけたほうがいいと言う話しましたが、

今度はお洒落の話です。

マスクといえば白。でもでも近年では予想を覆す黒が売られています。

年取った人だと、特攻服着たヤンキーのイメージが先行しそうですが、

今の時代まったく逆、普通の子がしていますw

しかも女の子もします。では、その起源はどこから来たのでしょうか?

黒マスクはジャニーズ、キスマイの玉森くんなどのメンバーがつけ始めたのが始まりとされ、

今では女子にも浸透しブームになっているそうです。

今ではドンキホーテなどで売っているらしく、時々つけている女性をみます。

 

そもそも病気のときや花粉症対策でつけるようになったマスク。

せっかくするのだからとお洒落アイテムに進化しています。

手作りでマスクをデコレーションして子供につけさせたり、自分でつけたりするのも

流行っているようです。

実際に型紙まで載せて自分のブログやホームページに作り方を載せているものを

見ることが出来ます。手作りだと暖かみがあって子供にもよさそうですね。

そんな人気を牽引しているのが女性です。

マスクつけることにより、化粧時間を短縮できるほか、男性にもてるんだそうです。

なんだかわかる気がします。

見えないところが男性の妄想を掻き立てるみたいですw

いつの時代も女性は男心くすぐるのが上手いですね

人気の黒マスクはここにあります。

    ↓

マスク女子

マスク女子に男性がドキッとする場面はたくさんありますが

集約すると以下のものが多いそうです。

1.マスクの下を想像してしまう。

マスクの下がどうなっているのか、分かりそうで分からないというのが、男性の本能をくすぐるのかもしれませんね。男性も都合のいいように妄想できるので妄想街道まっしぐらですw

 

2.目が潤んで見える

顔の大部分がマスクで隠れているせいで目元が強調され、うるうるの瞳に見えるようです。

女性にとっては、目元のメイクだけしっかりすればいいという楽チンな面もあり。

 

3.マフラー、帽子、マスクのセットはかわいさ倍増

 着込む冬にマスクをつけていると、肌の露出が目元だけになってしまい、

衣類に着られている状態になることも。

そんな危なっかしさが、男性は放っておけなくなりそうです。

まさに最強のコンボです。

 

4.歯科衛生士的なエロいイメージ

歯科衛生士さんには綺麗な方が多いですよね。

きれいな方が多いと想像力が豊かになりますよね。

白衣自体がエロいw

 

いかがでしたか?男性諸君うなずけたのではないでしょうか?

エスカレートしすぎて女性がみんなアラブのような肌を出さない格好にならないことを祈りますw

 

洋服だけでなく小物も進化してお洒落アイテムになって女性だけでなく男性も楽しめる?

いい時代になりました。今後も思いも付かないいろいろなアイテムがお洒落になっていくのでしょうね。

例えば部屋の壁紙を選べるの部屋があるのと一緒で、

トイレの便器の色選べたりとかあったらいいですね。

 

 

マスク トップへ戻る